2018年7月25日水曜日

こむら返り

皆さん、こんにちは。
 
連日、体温を超えるような猛暑が続いておりますが、
 
体調はいかがでしょうか。
 
最近、リハビリをしていて、患者様からよく耳にする「こむら返り」。
 
私自身も学生時代、部活の最中や寝起きで伸びをした際に「こむら返り」になり、
 
とても痛かった記憶があります。
 
こむら返りとは、「腓(こむら)=ふくらはぎ」に起こる筋痙攣の総称で、
 
「(足が)攣(つ)る」とも言われます。
 
他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態になる場合があるとされています。
 
また、軽度の熱中症でも生じるといわれています。
 
 

主には、スポーツで筋肉が疲労した際や
 
体内の水分不足やミネラルなどの栄養不足や
 
体の冷えによる血管の収縮が原因であるとされています。
 
スポーツ中以外でも、普通に歩いている時や足を伸ばした時にも起こることがあります。
 
現代医学では予防法や詳しい原因は解明されていませんが、
 
ストレッチや柔軟運動、水分・栄養摂取、血流の改善などが
 
有効な方法とされています。
 
暑さ寒さも彼岸まで、
 
まだまだ、暑い日が続きますが、水分摂取、栄養摂取をこころがけ、
 
適度なストレッチで健康管理をして、暑い夏を乗り越えましょう!
 
 
外来リハビリ T.T
 

2018年7月9日月曜日

緊急時の備え・・・


 みなさんこんにちは。

 先月18日の大阪北部地震やその後の余震などの影響が残る中、
先週水曜日頃から西日本を中心に記録的な大雨。
大雨特別警報・土砂災害警戒警報が出るなど、各地で甚大な被害
出ています。
 
 被害に遭われた方々が、一日も早く元の生活に戻れることを
願っています。

                           
 
 私は訪問リハビリをしていますが、ご利用様のなかには
独居生活をされている方もおられます。この度の地震では、
連絡がすぐに繋がらず安否が心配されました。
 
 幸いどなたも怪我や大きな被害もなく一安心でしたが、
訪問時に地震が起こった時にどのような行動をしなくては
いけないか、再度考えさせられました。

 利用者様の安全確保・避難についてなど、実際起こってから
考えるとパニックとなり、最善の行動が行えなくなります。
 常日頃より、それぞれの環境・身体状況に応じた対応手段を
考え、ご利用者様と共有するように心がけるようにしていきたい
と思います。

 
  また急変時の対応については、手順を作成し、事務所と連携して
 迅速な対応をとれるよう心がけています。

 日頃からご利用者様の体調など些細な変化への気づきを大切に
しており、変化がみられる場合はご本人だけでなく、ご家族・
ケアマネージャーへの報告を密に行い、少しでも安心して生活
していただけるよう取り組んでいます。

 
 これからの季節、熱中症や・脱水など体調の変調をきたしやすく
なります。皆様も十分に注意していただき、緊急時の備えも
しっかりと行い、暑い夏を乗り切って行きましょう。

2018年7月2日月曜日

田中外科、外来リハビリのご紹介

 リハビリしましょ!のブログをご覧の皆様こんにちは!(^^)!今回は「当院での外来リハビリ」を少しご紹介させて頂きます。
 
 まず、当院で行っている外来リハビリは午前・午後・夜診療ともに完全予約制となっております。そのため、「病院についてから待つ」ということは殆どありません。ですので、「家事の合間に」「お仕事帰りに」など患者さんのご都合に合った時間でのリハビリを行うことができます。

 また、リハビリのセラピストは「担当制」ではありませんが、電子カルテやiPad等で経過を共有している事と、セラピスト間で話し合う機会が多くあるため、常にそれぞれが患者さんの状態を把握しています。

 当院でのリハビリはセラピスト間での情報共有だけでなく、医師との情報共有もカンファレンスに加え日々のコミュニケーションの中でこまめに行っています。私は以前、急性期の大きな病院で働いていましたが、組織が大きい分、こまめに医師と連絡を取り、患者さんの状態を共有しあう事の難しさを経験する場面が多くありました。しかし、田中外科に来てからは医師と密なコミュニケーションをとることができ、情報共有が容易に行えるようになった結果、患者さんに対してより効果的な治療が行えるようなったと感じます。

 今後もスタッフ間のコミュニケーションを細かくとり、「地域に密着した良い医療」を提供できるよう一所懸命に頑張っていきたいと思います。

 

2018年6月19日火曜日

地域の人も元気に・・・

こんにちは。
先日は大阪北部を中心とした地震が発生し、当院も大きな揺れを感じました。
今回の震災によって被害に遭われた方、ライフラインの普及が行われず避難生活を余儀なくされている方も多くおられることかと思います。お見舞い申し上げます。



今回は、枚方市の取り組みとしての行われている「ひらかた元気くらわんか体操」についてです。
以前から当院のPTがスタッフとして参加していたのですが、今回私は初めてお邪魔させていただきました。
 
「ひらかた元気くらわんか体操」とは、地域の皆さんやご近所の皆さんが気軽に取り組める体操として、枚方市が作成・提案されている体操です。
第一回目の今回はスタート支援講座として、市のPT・OTさんや地域包括センターのスタッフの方々と一緒に、体力測定や体操を行ったりしました。


 
皆さん元気に取り組まれていました!!
このような機会が数多くある枚方市ですが、田中外科のリハビリスタッフも一員として関わらせていただいております。

一人ひとりを元気に・・・、当院からももっと発信していきたいと思います!!
 
通リハOT F

2018年6月11日月曜日

身近な人の為の彫刻づくり!

梅雨に入り、雨の日もあれば、夏のような暑さの日もあり、
体温調整が難しい時期ですが、皆さまは調子崩されておりませんでしょうか。

外来でリハビリをされている患者様から頂いた
彫刻を写真に乗せています。

(左)戌:今回作成  (右)酉:昨年作成


元々趣味で彫刻をされておられましたが、
脳卒中後、彫刻への取り組みが非積極的になりました。

実際、今回の彫刻を頂いたのは
リハビリ開始から数か月経ってからのことです。

最近になり、彫刻づくりを少しずつですが再開されました。

写真でもお分かりの通り、細く彫られていますよね!!

彫刻は作成して家に飾っておくだけでなく、
近隣の方や友人に譲ることも多いみたいで、
依頼もされることがあるとのことです。

“身近な人のためにする行動”って
大事な役割の1つかと思います!

心身機能・活動・参加、環境・個人因子も見据えて、
これからもバランスよくリハビリテーション支援を行っていきたいですね!!

外来リハ R.T

2018年5月17日木曜日

運動の動機付け

まるで夏を思わせるような陽気となっていますが、
みなさま体調は崩されていませんでしょうか。

サツキ


このサツキは訪問リハビリのご利用者様が毎日お世話をし、
毎年咲かせておられる花です。

趣味である庭の植木や草花の手入れが
安全に行えるよう、手すりやスロープの
設置を提案し、動作練習をし、
今は毎日一人で手入れをされています。

今年も満開となり、道行く人を楽しませておられました。







訪問リハビリでは、ご自宅の生活の中で、自ら楽しんで運動を取り入れ、
その方らしい生活がおくれるよう、目標やプログラムの提案を行っています。
                            訪問PT H

2018年2月15日木曜日

時差ボケって辛いですね。笑

ご無沙汰しております。
インフルエンザなどが流行しています。まだ寒い日が続いています。
それを吹き飛ばすかのように、平昌オリンピックが開幕しました。
日本人選手の頑張りもあり、メダルの数も増えてきております。
私は、先月末からお休みを頂き、新婚旅行(フランス)へ行ってきました。
文化や環境の違いから戸惑うことが多かったですが、一生に一回のよい経験となりました。
ようやく時差ボケから解消されました。笑 こんな経験は人生初めてです。時差は8時間です。日本−8時間。
街並みや建物などは絶景でした。
私は学生時代に習った世界史が苦手ですが、ガイドさんの面白い説明もあり、興味が湧きました。100年戦争やナポレオンが登場するフランス革命が起こった時代は日本でいう江戸時代末期で・・・。ルイ14世、15世、16世と三代の栄華など。
フランスの歴史とその時の日本の歴史が照らし合わされ、教科書記載はしていない、おもしろエピソードまで聞かせてもらうことができ、とても面白かったです。
写真は、フランス旅行で訪れたエッフェル塔の夜景です。
リハビリ科 M

2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もリハビリチームは「地域に密着した良い医療の提供」を理念に掲げ、質の高いサービスを提供していけるようスタッフ一同、頑張って参ります。
皆様にとって今年一年がよりよい一年になりますように。
本年もよろしくお願い致します。

リハビリスタッフ一同