2019年11月5日火曜日

ラグビーワルドカップを終えて・・・



 920日より112日まで、約1か月半に及ぶ、日本全国が大熱狂し、
盛り上がりを見せたラグビーワールドカップ2019日本大会が、
南アフリカが優勝で幕を閉じました。


 
 私は、今までサッカーが好きで観戦等をしてきましたが、
今回ラグビー日本代表が、戦う姿に魅了され、日本代表の全試合を
テレビにかじりついて見ていました。
当初、素人ながら、海外の選手の体格を見ていると、
フィジカルコンタクトの多いスポーツだけあって、
あの体格差は厳しいのでは・・・と感じていました。

 しかし予選は並み居る強豪を抑えて4戦全勝の1位で史上初めて
決勝トーナメントに進出。そ し てベスト4をかけて戦った
南アフリカ戦も試合終了まで果敢に戦う姿をみて感動させられました。


 フィジカルに差がある、相手に対しても日本の長所である、
勤勉性やアジリティー(俊敏性)、且つチームが一体になれば(ONE TEAM)、
勝つことが出来るのだと非常に驚きました。
(もちろん選手の方々が全てを犠牲にして死に物狂いで日々トレーニングを
 されてきた結果が一番です!!)



 アジリティー(俊敏性)を最大限に引き出すために、
身体を自由にコントロールする必要があります。そこで重要に
なるのがコア(多裂筋・腹横筋・骨盤底筋群)の筋肉と、
背骨と股関節を連結している大腰筋です。


  
  コアの筋肉や大腰筋を鍛え身体の軸が安定することで上半身と
 下半身が効率よく連動しスポーツパフォーマンスの向上が図れます。
 また、日常生活においても腰痛予防、転倒予防、
 尿漏れ予防などにつながります。




☆簡単なトレーニングの一例です☆


<ドローイン>

・仰向けに寝て、両膝を立てます。
 息を吐きながらお腹を凹ませて腹圧を高めます。

  ⇒凹ませる際、床に背中と腰を押し付けるように意識します。

   出来るようになれば、座った状態・立った状態で同様に行っていきます。


<ダイアゴナル>

・四つ這い位をとり腕と対角線上の足を同時にゆっくりと伸ばして、
 その姿勢をキープします。

⇒伸ばした腕や・足を上げすぎて腰を反らさないよう注意します。


<骨盤底筋群の運動>

・椅子に座った姿勢で、肛門を締めて上に引き上げるように意識して
 それをキープします。

  ⇒トイレを我慢する時のような力の入れ方です。


<スクワット>

・肩幅より少しだけ足を開き、膝とつま先は同じ方向に向い状態で、
 つま先より膝を前に出さないようにして、腰を落として、再び立ち上がります。

 ⇒負荷が強い時には、テーブルなどに手をついて行います。



 
 一度無理のない範囲で試してみてください!!
 
 


2019年10月7日月曜日

淀川リレーマラソン2019!!

10/6(日)、『42.195kmリレーマラソンin淀川河川公園』に、
有志チームで参加しました!今年で5年連続の出場です!

今年はランナー10人(外来から5人、通所リハから2人、リハボから3人)、
応援が大人6人とお子様7人の計13名、
全体で23名以上での参戦です!!


スタートから風が強く、涼しいけども向かい風に悩まされながら、
午後からは日差しの暑さに苦しみながら…







結果は198チーム中173位ですが、
ゴールタイムは3時間39分13秒と、昨年より5分も早く
参戦した5回中2番目に良い結果でした👍





終わってからは、ランナーも応援団もみんな
打ち上げでワイワイと盛り上がりました!!


来年は全員それぞれがグレードアップして、
また盛り上がって参加できればなと思います(^-^)

外来リハ 登美

第2回 The 男 Camp!!

こんにちは!!

9月28日(土)・29日(日)の2日間、7名で
昨年に引き続き、今年もThe 男 Camp!を開催しました👍



昨年は枚方市野外活動センター(穂谷のキャンプ場)でしたが、
今年は少し遠征で、福井県の若狭町世久見あたりに行ってきました!

今年のテーマは、『食料調達』・『無人島』!

初日は、釣り・泳ぎなど各自の自由時間を楽しみ!



2日目も、釣りなどで食料調達をし、浜でバーベキュー!
また、海泳ぎや、院長持参のSUP(サップ、スタンドアップ パドルボード)体験などの
趣味タイムも楽しみました^^



SUP体験中





来年も、いろいろなテーマを検討しながら
続けていきたいと思います!!

外来リハ PT登美

2019年9月30日月曜日

折り紙って素敵ですよ


田中外科通所リハビリテーションではマシンでの運動や自主トレーニングの合間に作業リハビリ(指・手・腕、頭を使うトレーニング)を提供しています。


その一環として、最近は折り紙をしておられる利用者様がちらほらいらっしゃいます。

そこで今回は折り紙のリハビリ効果について少しお話します。


●指を動かすことで脳の多くの部分が刺激される
 大脳の中で約2/3が指や手に対応する神経であり、指や手を動かすことは、足などの他の部位を使う場合よりも多くの部分に刺激が入ります。


●非単純作業の繰り返しが脳全体を刺激する
 「折り図をみて折り方を確認する」「折り紙のここを折るんだな、と目で確認する」「目で見た情報を脳の手を動かす部分に送る」「実際に手を動かす」など、様々な要素が含まれており、また折り方も【山折り】【谷折り】などたくさんの工程があり地味に見えて脳にとってはとてもエキサイティングな作業なのです。


●昔の記憶を思い出すことで脳が活性化する


●作品が完成することで達成感を得ることができる
 一つ一つの工程は比較的単純でも、それを組み合わせることで見栄えのある作品が出来上がるなど満足感を得やすく、また出来た作品を他の人に見てもらうことで自己有能感が高まるなどの効果もあります。
  
(参考文献:脳がいきいき元気になる 大人の折り紙  永岡書店)




折り紙は

・小さな子供が折れるくらい簡単なものから、沢山の工程を組み合わせたかなり複雑なものまであり、難易度の調整がしやすい

・折り図を見て一人で作ってもらったり、実際に折っているところを見てもらいながら作ってもらうなど、セラピストの介入量を調整しやすい

・端と端がきちんと合わせられない人でも、作品によってはそれが味になったり、うまく隠すことが出来る


といったこともあり、私は折り紙が大好きで、新人OTのころからよくリハビリに使っています。

プライベートでも家族が寝静まったあと一人でこっそり折り紙を楽しんでいます。

折り紙の本もたくさん出ていますし、インターネットの動画にもたくさん折り方が掲載されています。

ということで、興味のある方はぜひ!


最後に・・・
利用者様の作品です。








通所リハビリOT杉田

2019年9月11日水曜日

防災月間

9月になりましたが、相変わらず暑い日が続いています。
引き続き熱中症対策を心がけて下さい。

さて、9月は防災月間です。
大正12年9月1日関東大震災が発生しました。その大参事を忘れないため、
また、この時期は台風の被害が多い時期であることから9月1日を防災の日と
定めているそうです。

災害時、まずは、自分の身は自分で守ることが一番重要です。
そのためには、事前の備えが必要です。
緊急避難グッズや非常食を準備したり、家族で安否確認の方法や集合場所などを
話し合っておきましょう。


私が所属する訪問リハビリ室にも、災害時の対応マニュアルがあり、
事務所にいる時、利用者様宅訪問中、自宅、それぞれの対応方法が
明記されています。

特に、利用者様宅での災害に対しては、平常時からの準備が不可欠です。
訪問リハビリ室では、折りに触れて、緊急連絡の方法や災害時の避難場所、
災害中に想定される家具の転倒など、各利用者様宅でお話しし、情報共有を
するようにしています。

災害が発生しても、落ち着いた行動がとれるよう
皆様もこの機会に、災害時の心構えを話し合ってみて下さいね。

                         訪問リハ H

2019年8月28日水曜日

バーベキュー大会2019 & 後夜祭

皆様こんにちは。
残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりました。

先週末の話しですが、
8月17日(土)田中外科の屋上では、
今年もバーベキュー大会が開催されました!!!

昨年は天候の都合で3度も延期となりましたが、
今年は、台風一過で予定通りの開催となりました👍



今年も、多くの職員&ご家族様が集まり、
わいわい盛り上がりました(^-^)

また、学生さん6人にもお手伝い頂いたので
より楽しむこともできました!




昨年もですが、ビールがなくなるまで、
仕事終わりに、有志で後夜祭を開催してます!!

~~~~~~~ 後夜祭第一夜 ~~~~~~~


 **ピザ、から揚げ、野菜セット**


~~~~~~~ 後夜祭第二夜 ~~~~~~~



**鶏肉、エビのガーリックシュリンプ、 フランクフルト、ズッキーニ、ローストビーフなど**



こんな感じで、田中外科の夏のイベント『バーベキュー大会』は
開催されています(^-^)

また、冬のクリスマス会or忘年会など
イベントも楽しみの一つにしながら、仕事も頑張りましょう!!


外来リハ PT登美椋太

2019年8月16日金曜日

家事動作の工夫


皆様、こんにちは。
お盆休みも終わり、本日から訪問リハビリ・通所リハビリは通常通り行っています。

昨日は台風10号による大雨・暴風でしたが、昨年ほどの被害はないものの、各地で様々な影響が出ました。
今後に備えて、今一度防災グッズや避難グッズの確認が必要ですね。




今日は、家事のひと工夫を紹介したいと思います。

病気や事故によって手足が麻痺したり、関節が固くなることで、生活をしていく上で手足が不自由になることがあります。

身体が動かしづらくなって、家事動作がしづらくなった、自信がない等、
家事動作をしたいけれど、以前の方法ではできない、行いづらい…という方に、
訪問リハビリでは自助具や市販で購入できるお助けグッズの紹介、動作方法の助言、練習等を行っています。



今回は食器洗いの工夫のひとつをお伝えします!

片方の手が使いづらく、両手で持つと落として割ってしまう危険性のある場合は、片手で洗います。
その時に役に立つのがソープホルダーです。
100均で入手できますよ!








シンクにソープホルダーを置き、






その上に食器を置き、





片手で洗います。

ソープホルダーはなかなか固定性があるので使いやすいです。



今回ご紹介したのは数ある方法のうちのひとつで、
お身体の状態によって使用する物品や方法、動作方法が変わります。
その方に合った物品や動作方法を助言し、ご本人と相談して試行錯誤しながら、安全で行いやすい方法を繰り返し練習します。

またブログでも少しずつ紹介していけたらと思います。


家事動作や自宅での生活に不安やお悩みをお持ちの方がおられましたら、お気軽にご相談ください。


訪問リハOT 平田